Information

「SNOW RESORT JAPAN No.6」デジタル版公開

JSTAも協力をしている、一般社団法人日本スノースポーツ&リゾーツ協議会発行「SNOW RESORT JAPAN No.6」冊子のデジタル版が公開されました。

国土交通省観光庁、文部科学省スポーツ庁など各省庁、地方自治体、各観光協会、スノー関連団体、スノー関連会社などのバックアップの元、日本が世界に誇れる観光資源「雪」の魅力と、「日本のスノーリゾートの魅力」を日本国内および世界に発進してくために設立された「SNOW RESORT JAPAN」プロジェクト。

その機関誌として、2014年から毎年1回発行されているスノースポーツ&スノーリゾーツのインバウンド向けPR誌「SNOW RESORT JAPAN」最新号(6号)が完成しました。スノーリゾートのみならず、日本の食や文化、温泉、日本酒など、海外の方々が興味を持つ記事も紹介。

また、「SNOW RESORT JAPAN」は、これからの日本のスノースポーツの活性化も視野に入れて活動しています。

SNOW RESORT JAPAN No.6デジタル版はこちら

 

「サイクリスト国勢調査2018」調査結果発表

JSTA会員の一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパンと全国サイクルツーリズム連携推進協議会が昨年、地域でサイクリングを楽しむ「サイクリスト」の行動実態把握を目的とした「サイクリスト国勢調査2018」を実施し、調査結果の一部を発表いたしました。
本調査は、JSTAにおいても告知協力を行いました。詳しくは下記サイトをご覧ください。

▼『サイクリスト国勢調査2018』:「ツール・ド・ニッポン」サイト内
http://www.tour-de-nippon.jp/series/topics/3718/

第7回スポーツツーリズム・コンベンションinさいたま(2019/3/19-20)

スポーツツーリズムを推進している全国各地で毎年開催しているスポーツツーリズム・コンベンション。第7回目をむかえる今年度は、2019年3月19日(火)~20日(水)に埼玉県さいたま市での開催が決定いたしました。2日間にわたり、スポーツツーリズム推進に関連する企業、自治体、団体等、最前線で携わる方々を講師としてお招きし、講演やパネルディスカッションなどスポーツツーリズムの今が分かる貴重な機会となりますので、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

◆概 要 ※内容は、一部変更となる場合があります。

日 程 2019年3月19日(火)・20日(水)
場 所 ソニックシティ市民ホール(さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビル4階)
会場アクセス
参加費 無 料(懇親会参加費 5,000円)
主 催 一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構(JSTA)/さいたま市/一般社団法人さいたまスポーツコミッション(SSC)/公益社団法人さいたま観光国際協会(STIB)
後 援 観光庁/スポーツ庁(予定)

◆プログラム:3月19日 ※プログラム及びスケジュールは、一部予定のため今後変更となる場合があります。

時 間 メイン会場(404・403ホール) ブース出展(401ホール)
14:00- 開会式
・主催者あいさつ
 さいたま市長 清水 勇人
 一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構 会長 原田 宗彦
 一般社団法人さいたまスポーツコミッション 会長兼代表理事 本田 秋満
・主催者紹介
 公益社団法人さいたま観光国際協会 会長 清水 志摩子
ブース出展
14:15- 基調講演
東京ガス株式会社 埼玉支社 支社長/前 東京フットボールクラブ株式会社 代表取締役社長
阿久根 謙司氏
ブース出展
14:45- 休 憩 ブース出展
15:00- パネルディスカッション
「これからのスポーツコミッション」(仮)

・ 一般社団法人さいたまスポーツコミッション 副会長兼専務理事 遠藤 秀一
・金沢文化スポーツコミッション 代表 平 八郎氏
・株式会社くまもとDMC 代表取締役社長 梅本 茂氏
 コーディネーター 原田 宗彦(JSTA代表理事)
ブース展示
(懇親会会場準備のため16:00まで。懇親会開場より再開。)
17:30- 懇親会(会場:402ホール)
懇親会参加費:5,000円
※懇親会のみのご参加はご遠慮ください。
ブース出展

プログラム:3月20日 ※プログラム及びスケジュールは、一部予定のため今後変更となる場合があります。

時 間 メイン会場
(404・403ホール)
第二会場
(402ホール)
ブース出展(401ホール)
9:30- 【分科会1-1】スポーツツーリズムとテクノロジー
・富士通株式会社 スポーツ・文化イベントビジネス推進本部 第二スポーツビジネス統括部 統括部長 藤原 英則氏

・日本アイ・ビー・エム株式会社 GBS iX IBM SPORTSプロデューサー 岡田 明氏

<コーディネーター>
高橋義雄(JSTA理事/筑波大学 体育系 准教授)
【分科会2-1】都市型スポーツイベント
・公益財団法人日本バレーボール協会 専務理事 事務局長 ビーチバレーボール事業本部本部長 八田 茂氏

・沖縄県文化観光スポーツ部空手振興課長 山川 哲男氏

<コーディネーター>
大塚眞一郎(JSTA理事/JTU専務理事・ITU 副会長・JOC理事)
ブース出展
11:15-

【分科会1-2】サイクルツーリズムの最新動向と今後の展望
・一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパン(全国サイクルツーリズム連携推進協議会) 中島 祥元氏

・株式会社ACTIONSPORTS 神田 秀仁氏

・株式会社八重洲出版 サイクルスポーツ編集部 江里口 恭平氏

<コーディネーター>
押見 大地氏(東海大学 スポーツ・レジャーマネジメント学科 講師)

【分科会2-2】都市部に適したスポーツツーリズム(仮)
・日本アイ・ビー・エム株式会社 GBS iX IBM SPORTSプロデューサー(さいたま市スポーツアドバイザー) 岡田 明氏

・株式会社日本政策投資銀行 参事役(さいたま市スポーツアドバイザー) 桂田 隆行氏

・株式会社NTTデータ経営研究所 エグゼクティブシニアスペシャリスト(さいたま市スポーツアドバイザー) 松田 雄史氏

<コーディネーター>
・さいたま市スポーツ政策室長 高橋 伸一郎
ブース出展
12:45- 閉 会
(ファムトリップ参加者は昼休憩)
13:45- ファムトリップ
(参加無料・要事前申し込み)
ソニックシティ~(バス移動)~大宮盆栽美術館(見学)~(バス移動)~大宮駅
※先着申込40名様

[mwform_formkey key=”8960″]

2018年度 第6回JSTAセミナーは大学スポーツがテーマ!(2019/2/15・15:00~)

日本の大学スポーツは、大学内で課外活動として位置づけられ、学生を中心とする自主的・自律的な運営が行われ発展してきた経緯から、大学内でも個々の部としての活動が多く、大学の関与が限定的で学内においても競技横断的、全学的にスポーツ分野の取組を一体的に行う部局を置いていない大学が多い現状となっています。

また同様に大会を開催する学生競技団体も競技毎に発展し、競技横断的な統括組織が大学スポーツのみ存在していない状況が続いています。

文部科学省は、大学が持つ、学生や指導者、研究者、施設などのスポーツ資源が社会に貢献する人材育成、経済活性化、地域貢献の点から大きな潜在力があると認識し、平成28年4月から「大学スポーツの振興に関する検討会議」を設置、平成30年度には、大学スポーツ協会(UNIVAS)設立準備委員会が立ち上がり、平成31年春より正式に大学スポーツ協会創設が予定されています。

2月のJSTAセミナーでは、UNIVAS設立の中心組織であるスポーツ庁参事官(地域振興担当)の増井氏と、インターネットスポーツメディア「スポーツブル」で、いち早く学生スポーツの潜在力に着目された株式会社運動通信社のお二方をお迎えし、大学スポーツの可能性についてお話を頂きます。

<講師紹介>

講演①
スポーツ庁 参事官(地域振興担当) 増井 国光氏

講演②
株式会社運動通信社(SPORTS BULL)執行役員 椛沢 保男氏

※講演終了後、お名刺交換会及び参加者交流会(予定)
※都合により講演者やプログラム内容が一部変更となる場合がございます。


概 要: 2018年度 第6回JSTAセミナー「UNIVAS始動!地域における大学スポーツの可能性」
日 時:平成31年2月15日(金)15:00~17:30
会 場:虎ノ門・共同通信会館5階 会議室A・B
    
https://goo.gl/maps/CuLKGkoutk22
定 員:80名
(申込及び支払確認後先着順、定員になり次第〆切)

受講料: 
【事前申込】一般 5,400円 / JSTA会員 2,160円(法人・自治体・団体会員は会費1口につき1人無料)
【当日受付】一般 6,000円 / JSTA会員 3,000円
【学 生】   1,000円  ※当日要学生証持参 ・現金支払のみ

 ※事前申し込みの場合、決済手数料が別途かかります。
 ※事前申し込みの受け付け締め切りは、コンビニ決済またはペイジー決済(銀行振込)をご利用の方は2月11日(月)まで、クレジットカード決済の方は2月13日(水)までとさせていただきます。それ以降のお申込みは「当日受付」となりますので、当日会場にお越しの上、受付にて参加費をお支払いください。
 ※決済完了後のキャンセルにつきましては、返金不可となりますのでご了承ください。
 ※学生参加費について:未就労の中学生/高校生/大学 学部生/大学院生/専門学校生に限り、当日に受付にて有効期限内の学生証を提示することを条件とします。


◎お申込み方法◎
<シクミネットご登録済みの方>
法人会員、自治体会員、スポーツ団体会員、公益法人会員、個人会員及び、過去に登録済みの一般参加者(非会員)は、シクミネットにログイン後、ご自身のアカウントにてお申込み・お支払いをお願いいたします。
※ログイン後、[イベント情報]メニューの「イベント申込」よりお手続きいただけます。
kaiin_button

★イベント申込方法マニュアルはこちら(ユーザー登録済みの方のみ)


※法人会員、自治体会員、スポーツ団体会員、公益法人会員の所属員の方のお申込みは、各団体へ所属員追加登録が必要となります。詳細は事前にお送りしておりますマニュアルとメールをご覧の上、お手続きをお願いします。既に追加所属員のリストをお送り頂いている団体様につきましては、登録完了後にご連絡いたしますので、今しばらくお待ちください。

<シクミネット未登録の方>
「シクミネット」に個人登録がお済みでない一般参加者(非会員)の方と法人・団体会員の所属者の方は、「シクミネット」にご登録後お申込みいただくか、JSTA事務局までメールにてお申込み下さい。ご登録については下記ボタンより手順に沿ってお手続き下さい。(会員と同一システムを使用いたしますが、非会員の方は、分類上、一般登録となり会員登録とは異なります。)
ippan_button

 

 

ご利用環境の都合により、お申込や決済手続きに進めない方は、JSTA事務局までメールにてご連絡ください。
お支払いにつきましては、御請求書の発行にて対応させて頂きます。(直前のご連絡は、対応できかねる場合がございます)

【お問い合わせ】JSTA(日本スポーツツーリズム推進機構)事務局

  • TEL:03-6441-2045(平日10:00~18:00)
  • E-mail:info@sporttourism.or.jp
    →「ご所属・お名前」をお送りください。

「第7回スポーツ振興賞」募集開始(応募締切:3月11日(月))

公益社団法人日本スポーツ健康産業団体連合会と一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構は、スポーツや障がい者スポーツを通じて健康づくりをし、ツーリズムや産業振興、地域振興(まちづくり)に貢献している団体・グループ・企業の活動を顕彰するものです。
応募作品の中からスポーツ振興大賞1点(賞状・トロフィー・副賞20万円)、スポーツ振興賞として6点を表彰する予定です。
表彰は、平成31年5月22日開催の「SPORTEC2019」展示会の席上で行います。
過去に受賞歴、応募された方も大賞受賞者を除いて応募対象となりますので、奮ってご応募ください。

応募締切:平成31年3月11日(月)※当日消印有効

★募集要項(PDF形式)

★募集案内・プレスリリース(PDF形式)

★前回の受賞者(PDF形式)

応募の際は、募集要項をよくお読みいただき、下記エントリーシート記載の上ご応募ください。
エントリーシート(WORD形式/クリックでダウンロード)