JSTA : 一般社団法人 日本スポーツツーリズム推進機構

MENU

スポーツツーリズムサミット コアミーティング in 羽田空港 開催

スポーツツーリズムサミット コアミーティング in 羽田空港summit_logo_small
 〜2020年へ向けたスポーツツーリズム未来会議〜

◆目 的◆

 世界の注目を浴びたリオオリンピック・パラリンピック大会が終了し、次回開催都市である東京都にオリンピックフラッグが手渡され、4年後の東京2020大会に向けて日本全体がいよいよ本格始動いたしました。羽田空港においては、同大会の成功に向け首都圏空港の機能強化が図られ、2020年までに国際線の発着枠が年間3.9万回(現状の約1.5倍)に拡大されます。
 東京2020大会を見据え、今後は人の夢や楽しみを運ぶだけでなく、スポーツツーリズムやスポーツMICEの拠点として、羽田空港の役割はますます重要なものになります。
 そのような期待に応えるため、世界と日本の各地をつなぐ “Hub & Spork” 空港として、そして国のスポーツ立国戦略を積極的に支援するために、今回のコアミーティングでは、アスリートの応援とともに、スポーツ基本法に掲げられる「見る」「する」「支える」を空の道でつなぎ、多くのスポーツツーリストが利用する「ゲートウェイ空港」の役割と可能性を探ることを目的とします。

◆概 要◆

主 催 日本空港ビルデング株式会社
一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構
日 時 2016年11月14日(月) 13時30分~17時30分
場 所 羽田空港第一旅客ターミナルビル6階 ギャラクシーホール
詳しくはこちら
参加費 無料 (要事前申込み・下記申込フォームよりメールにて受付)

【プログラム】

開会挨拶 日本空港ビルデング株式会社
 代表取締役副社長執行役員 鈴木 久泰
一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構
 会長 原田 宗彦
基調講演 「リオから東京へ 2020をより良い大会にするために」
小谷 実可子氏 (スポーツコメンテーター)
kotani
特別講演 「2020年に向けたスポーツツーリズムへの期待」(仮)
観光庁 観光地域振興部長
 加藤 庸之氏
パネルディスカッション 「TOKYOをゲートウェイとしたスポーツツーリズムの将来」
 ●スポーツコメンテーター  小谷 実可子氏
 ●札幌市 副市長  町田 隆敏氏
 ●日本空港ビルデング株式会社
  常務取締役執行役員 運営本部副本部長
  社長特命事項担当 加藤 勝也氏
 ●コーディネーター:山下 真輝
  (JSTAセミナー委員、株式会社ジェイティービー)

【参加申込】

[trust-form id=5143]

« 一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る

Board Member

  • KNT
  • さいたまスポーツコミッション
  • JTB
  • スポーツコミッション関西
  • ANA
  • 電通
  • 東横INN
  • JAL
  • JTU
  • 日本旅行
  • 日本旅行ヒト・コミュニケーション
  • mizuno